ゲームの名は誘拐の原作小説のあらすじは?最後の結末はどうなる?

ゲームの名は誘拐の原作小説のあらすじは?最後の結末はどうなる? ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年6月にWOWOWで放送されている、亀梨和也さん主演のドラマ「ゲームの名は誘拐」には原作があります。

ドラマはもうすぐ最終回を迎えるため、原作小説での最後の結末はどうなるのか、気になる方もいると思います。

そこで今回はドラマ「ゲームの名は誘拐」について以下のことをまとめてみました。

  • ゲームの名は誘拐の原作小説のあらすじは?
  • ゲームの名は誘拐の原作小説の最後の結末はどうなる?

ということで「ゲームの名は誘拐の原作小説のあらすじは?最後の結末はどうなる?」と題して記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作小説のあらすじは以下の通りです。

 敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰された。葛城邸に出向いた彼は、家出してきた葛城の娘と出会う。”ゲームの達人”を自称する葛城に、二人はプライドをかけた勝負を挑む。娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、身代金三億円の奪取を狙う。
 犯人側の視点のみで描く、鮮烈なノンストップ・ミステリー!

https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334738853

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作者は、小説家の東野圭吾さんです。

WOWOWでドラマ化されたことにより、原作小説は重版出来となったようです。

原作小説「ゲームの名は誘拐」を読んだ方は、最後のどんでん返しや見事な伏線回収に「すごい!」と絶賛でした。

ということで、ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作小説の主人公である佐久間は、葛城樹里と協力し、狂言誘拐をして復讐するというストーリーでした。

スポンサーリンク

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作小説の最後の結末は、主人公である佐久間はある人物に騙されていました。

以下、小説「ゲームの名は誘拐」の最後の結末のネタバレとなります。

主人公である佐久間は、葛城勝俊に復讐するため、その娘である葛城樹里と協力し、狂言誘拐をすることになりました。
2人の狂言誘拐は見事成功し、身代金を手に入れいます。
しかし佐久間はテレビのニュースを見て騙されていたことに気が付きます。
佐久間が樹里だと思っていた人物は樹里の妹である「千春」だったのです。
本物の樹里は千春と口論になった末、殺されてしまいました。
千春は父である葛城勝俊と協力し、佐久間に罪をなすりつけることにしたのです。
その後、勝俊は佐久間を始末しようとしますが、切り札があることを示唆します。
それは、樹里(千春)が佐久間の家で料理をしている写真でした。

佐久間は間一髪のところで、千春と親しいと思われる写真を所持していたことで、殺されずに済んだようですね。

ということで、ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作小説の最後の結末は、主人公の佐久間は、葛城家に騙され、殺人犯に仕立て上げられるところでした。

ドラマの最後の結末は同じなのかそれとも違うのか、どうなるか楽しみですね。

スポンサーリンク

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作と映画との違いは、犯行の背景と結末が大幅に変更されています。

小説「ゲームの名は誘拐」は、亀梨和也さん主演で2024年にWOWOWでドラマ化されましたが、実は2003年に映画化されています。

藤木直人さんと仲間由紀恵さんのダブル主演で、映画「g@me.」が2003年に公開されています。

小説「ゲームの名は誘拐」と映画「g@me.」の違いは主に、犯行の背景と結末です。

この2点をを詳しく解説します。

スポンサーリンク

小説「ゲームの名は誘拐」と映画「g@me.」の大きな違い①は、犯行の背景です。

葛城勝敏と千春が、主人公の佐久間を犯人に仕立て上げる背景が、原作小説と映画では以下のように違いがあります。

犯行の背景の違い
小説・・・樹里が佐久間に強姦されたと偽装工作をして殺されたことにしている
映画・・・樹里が薬物依存であることを隠すため佐久間の狂言誘拐に協力した

また、小説「ゲームの名は誘拐」では、樹里と千春は口論の末、千春が樹里を刺してしまいます。

映画版では、薬物依存の樹里が千春に襲い掛かり、揉み合った末、誤って千春が刺し殺してしまいます。

千春が樹里を殺してしまった経緯にも違いがあります。

ということで、小説「ゲームの名は誘拐」と映画「g@me.」の違い①は、犯行の背景でした。

スポンサーリンク

小説「ゲームの名は誘拐」と映画「g@me.」の大きな違い②は、結末です。

結末の違い
小説・・・佐久間を殺人犯にしようとした葛城勝俊だったが失敗し、佐久間は助かる
映画・・・映画オリジナルキャラクターの安藤純平を誘拐犯に仕立て上げ、佐久間と樹里(千春)は別れる

小説「ゲームの名は誘拐」では、最後の結末だけでは、佐久間と千春はその後どうなったのかわからないまま終わります。

映画版では、樹里が薬物依存になったきっかけの人物として、オリジナルキャラクターの安藤純平が登場します。

その安藤を誘拐犯に仕立て、佐久間は千春と駆け落ちをしようとしますが、千春に断られ、2人は別れてしまいます。

ということで、小説「ゲームの名は誘拐」と映画「g@me.」の大きな違い②は、結末でした。

ドラマでは最後の結末がどうなるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

「ゲームの名は誘拐の原作小説のあらすじは?最後の結末はどうなる?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作小説の主人公である佐久間は、葛城樹里と協力し、狂言誘拐をして復讐するというストーリーでした。

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作小説の最後の結末は、主人公である佐久間はある人物に騙されていました。

ドラマ「ゲームの名は誘拐」の原作と映画との違いは、犯行の背景と結末が大幅に変更されています。

ドラマ版「ゲームの名は誘拐」は、原作と結末は違うのでしょうか。

放送が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました