不適切にもほどがある原作は漫画?脚本家や監督は誰?

不適切にもほどがある原作は漫画?脚本家や監督は誰? ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今期放送のドラマ「不適切にもほどがある」は、俳優の阿部サダヲさん主演のタイムスリップコメディです。

阿部サダヲさん演じるゴリゴリの昭和おやじが、令和にタイムスリップして、様々な”不適切”を繰り返してしまいます。

そんなドラマ「不適切にもほどがある」の原作は漫画や小説なの?と気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はドラマ「不適切にもほどがある」について以下のことをまとめてみました。

  • 不適切にもほどがある原作は漫画?
  • 不適切にもほどがある脚本家や監督は誰?

ということで「不適切にもほどがある原作は漫画?脚本家や監督は誰?」と題して記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

不適切にもほどがある原作は漫画?

ドラマ「不適切にもほどがある」には原作がなく、完全オリジナルストーリーです。

ドラマ「不適切にもほどがある」とは、俳優の阿部サダヲさんが主演のドラマです。

ドラマ「不適切にもほどがある」あらすじ
“昭和のダメおやじ”が令和にやって来ることで展開する“意識低い系タイムスリップコメディ”。中学の体育教師・小川市郎は、1986年から2024年の現代へタイムスリップしてしまう。言葉遣いが荒く、令和では考えられない“不適切”な言動を繰り返す市郎だが、彼の極論はコンプライアンスで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく。
引用:https://natalie.mu/eiga/news/549449

ドラマ「不適切にもほどがある」のストーリーから、原作は漫画にありそうな作品でしたが、完全オリジナルストーリーです。

市郎とそのひとり娘、そしてタイムスリップしたことで出会う人々との絆を描く、ヒューマンコメディとしての要素も持つ完全オリジナルストーリーとなっている。

https://www.asahi.com/and/entertainment/424458917/

ということで、ドラマ「不適切にもほどがある」には原作がなく、完全オリジナルストーリーでした。

スポンサーリンク

不適切にもほどがある脚本家は誰?

ドラマ「不適切にもほどがある」の脚本家は宮藤官九郎さんです。

ドラマ「不適切にもほどがある」脚本家の宮藤官九郎さんは、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」や映画「舞妓Haaaan!!!」などの脚本を手がけたことで知られています。

宮藤官九郎さんの愛称は”クドカン”で、俳優でもあり、数々のドラマにも出演されていますね。

宮藤官九郎さん脚本の主な作品は以下の通りです。

映画
2003年、2006年・・・木更津キャッツアイ
2007年・・・舞妓Haaaan!!!
2009年・・・カムイ外伝
2014年、2016年、2021年・・・土竜の唄

ドラマ
2000年・・・池袋ウエストゲートパーク
2002年・・・木更津キャッツアイ
2005年・・・タイガー&ドラゴン
2008年・・・流星の絆
2013年・・・あまちゃん
2016年・・・ゆとりですがなにか
2021年・・・俺の家の話

宮藤官九郎さん脚本の映画やドラマも、ともに有名な作品が多いですね。

ということで、ドラマ「不適切にもほどがある」の脚本家は宮藤官九郎さんでした。

スポンサーリンク

不適切にもほどがある監督は誰?

ドラマ「不適切にもほどがある」の演出監督は金子文紀さんです。

ドラマ「不適切にもほどがある」の演出は他にも坂上卓哉さん、古林淳太郎さん、渡部篤史さん、井村太一さんが務めます。

ドラマ「不適切にもほどがある」の演出監督の金子文紀さんはTBSテレビ制作部に所属していてテレビドラマの演出家、映画監督などを手掛けておられます。

金子文紀さんはこれまでTBSの人気ドラマ「SPEC」「逃げるは恥だが役に立つ」「恋はつづくよどこまでも」なども手掛けている演出監督です。

そして今回のドラマ「不適切にもほどがある」の監督金子文紀さんはこれまで脚本家の宮藤官九郎さんと組んだドラマ作品も多くあります。

「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」「俺の家の話」など人気作品であることから今回の「不適切にもほどがある」も期待が寄せられています。

スポンサーリンク

不適切にもほどがある見どころは?

ドラマ「不適切にもほどがある」の見どころは完全オリジナルストーリーで面白くもあり、メッセージ性も散りばめられたところです。

ドラマ「不適切にもほどがある」は完全オリジナルストーリーで原作がないため、結末が全くわかりません。

ネタバレなしで最後まで楽しむことができるところも魅力的ですね。

また脚本家は宮藤官九郎さんということで、コメディ要素満載で面白い上に、メッセージ性もある、見ていて飽きないドラマになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ「不適切にもほどがある」の見どころについて、脚本家の宮藤官九郎さんがこうコメントしていました。

自分と違う価値観を認めてこその多様性。第1話を読んだ関係者から「スカッとした」「痛快です」「溜飲が下がった」などの感想を頂きましたので、おそらくそんな肌触りのドラマになると思います。

https://square.unext.jp/article/futekisetsunimohodogaaru-2023-10-27

宮藤官九郎さんは、「昔に戻りたいわけではないけど、昭和時代だって生き辛さを抱えていたし、当時を全否定されるのは嫌だ」とも語っていました。

現代は多様性を尊重する社会を重視していますが、ドラマ「不適切にもほどがある」を通して、本当の多様性とは何かを考えるきっかけを与えてくれるかもしれませんね。

きっと、どんな方にも楽しめるドラマとなっていることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

「不適切にもほどがある原作は漫画?脚本家や監督は誰?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

ドラマ「不適切にもほどがある」には原作がなく、完全オリジナルストーリーでした。

ドラマ「不適切にもほどがある」の脚本家は宮藤官九郎さんです。

数々のヒット作を生み出している宮藤官九郎さん脚本のドラマは、いつも面白さとメッセージ性が上手にかけ合わさっているので、最後まで楽しめると思います。

今後の展開も楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました