マッシュルのカルドゲヘナは何者で目的は?強さや魔法についても!

マッシュルのカルドゲヘナは何者で目的は?強さや魔法についても! アニメ漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画マッシュルの41話で初登場したカルドゲヘナ。

魔法が使えないマッシュが緊急尋問にかけられたときは、校長の主張に理解を示すも処断はやむを得ないとしています。

そんな、カルドゲヘナは神覚者選抜の最終試験の前にマッシュの目の前に現われます。

カルドゲヘナは、マッシュに興味があって現われているようですが目的が知りたいと思っている人がいるのではないでしょうか。

また、カルドゲヘナの強さや魔法についても気になるところです。

そこで、今回は「マッシュルのカルドゲヘナ」について以下のことを調べてみました!

  • マッシュルのカルドゲヘナは何者で目的は?
  • マッシュルのカルドゲヘナの強さや魔法についても!

今回は「マッシュルのカルドゲヘナは何者で目的は?強さや魔法についても!」と題して記事をお届けします。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナは何者?

マッシュルのカルドゲヘナは、炎の神杖(フレイムケイン)の称号を得ている神覚者の一人です。

  • 名前:カルドゲヘナ
  • 年齢:27歳
  • 誕生日:8月3日
  • 役職:神覚者・魔法人材管理局の局長
  • 所属:魔法局

カルドゲヘナは、名門ゲヘナ家の嫡男(ちゃくなん)で魔法人材管理局の局長を務めています。

カルドゲヘナの主な仕事は、魔法局の組織に入る者の審査員です。

毎年の神覚者候補も、カルドゲヘナが審査していることが明らかになっています。

スポンサーリンク

カルドゲヘナが神覚者候補の審査をする理由はなぜ?

なぜカルドゲヘナが神覚者候補の審査を任されているかは理由は明かされていません。

しかし、マカロンやカルパッチョのような優秀な魔法使いが神覚者候補として選ばれています。

予想ですが、カルドゲヘナはこの二人がもつ能力を審査して候補に選んだ可能性が高いです。

そのため、カルドゲヘナが神覚者候補を審査する重大な役目を任されているのは、その人間がもつ能力を見抜くことができるので審査を任されていると考察します。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナの性格は?

マッシュルのカルドゲヘナは、笑顔で誰に対しても丁寧な言動で接しますが何を考えてるのかわからない性格をしています。

カルドゲヘナの性格が何を考えているのかよくわからないというのはアニメ「マッシュル」2期の18話でもありました。

マッシュにアッチ向いてホイという一見簡単そうなゲームを仕掛けます。

本気でマッシュを殺しそうな勢いでしたがマッシュはカルドゲヘナが一瞬剣を止めたことに気づきました。

そんなところからカルドゲヘナの性格は糸目キャラにありがちな飄々とした何を考えているのかわからないキャラになっています。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナは甘党?

カルドゲヘナは甘党のため、コーヒーに入れるシロップの量も尋常(じんじょう)ではありません。

その他にも、カルドゲヘナは刺身にしょうゆではなくハチミツを大量にかけて少し変わった食べかたをします。

本人は美味しいと思っているようですが、同僚に刺身ハチミツかけをおすすめすると「まずい」といわれてしまい苦い顔をされます。

落ち込んだカルドゲヘナの姿を見たライオはフォローするために、刺身ハチミツかけを食すのですが「まずい」と追い打ちをかけてしまいました。

同僚たちには、まずいと評判が悪かった刺身ハチミツかけですが後日に拷問方法として魔法局が正式に取り入れたそうです。

原作ではまずいとネタにされている刺身ハチミツかけですが、中には気になって刺身ハチミツを食べたという人の意見があります。

実際に食べたところは、意外と美味しいという意見でした。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナの目的は?

マッシュルのカルドゲヘナの目的は、マッシュの実力を知ることです。

マッシュが魔法が使えないと発覚したときに、カルドゲヘナはマッシュに興味をもちました。

魔法局にマッシュが魔法が使えないと知り、緊急尋問にかけられてしまったことでマッシュと勝負して実力を知ることできませんでした。

そのため、カルドゲヘナは神覚者選抜の最終試験の前にマッシュの前に現われて、あっちむいてホイの勝負を仕掛けます。

腹の中が読めないカルドゲヘナですが、マッシュの邪魔をする人物ではなさそうです。

スポンサーリンク

カルドゲヘナのセリフ「仮に彼が味方になれば」の意味は?

アニメ「マッシュル」の18話のカルドゲヘナのセリフ「仮に彼が味方になれば」の意味もマッシュの実力に気づいて言ったセリフではないでしょうか。

少しネタバレになりますがカルドゲヘナは神覚者としてイノセントゼロの魔の手から魔法世界を守るために戦っています。

イノセントゼロは最強の魔法使いでカルドゲヘナたちだけでは太刀打ちできません。

神覚者試験会場でイノセントゼロが放った巨人をマッシュが倒して、世界を救っています。

マッシュが世界を救ったことで、カルドゲヘナはマッシュの力は本物と認めていました。

カルドゲヘナはマッシュの力は本物と認めているシーンはマッシュル9巻で描かれています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

マッシュの実力を認めたことで、この先のストーリーでカルドゲヘナはマッシュを味方につくように行動していきます。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナの強さは?

マッシュルのカルドゲヘナは以下の二つの強さをもっています。

  • カルドゲヘナの強さは開眼
  • カルドゲヘナの強さはハチミツ

カルドゲヘナがもつ「開眼」「ハチミツ」の強さをご紹介します。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナの強さは開眼?

マッシュル127話でカルドゲヘナは開眼して本気で死刑囚を倒しています。

イノセント・ゼロを倒すために、試練を受けて眠っているマッシュを守るレモンに死刑囚が襲いかかります。

大ピンチのレモンの目の前に現われたのが、カルドゲヘナです。

カルドゲヘナは開眼して死刑囚を、黒い炎がまとった剣で真っ二つにします。

真っ二つになった死刑囚に、「甘くはないですよ」「横暴ふるって許されるほど世の中は」とかっこいいセリフをいいます。

初登場してから、閉じられていたカルドゲヘナの目がついに開眼したことにSNSで多くの人が驚いていました。

マッシュルのカルドゲヘナの強さはハチミツ?

マッシュルのカルドゲヘナは、好物のハチミツを飲むことでパワーアップする強さをもっています。

カルドゲヘナはハチミツを飲んで、「カルドハタラキバチさんモード」になります。

作中では、カルドハタラキバチさんモードになって硬くて一人では回せない回復の魔法ゼンマイを一人で回しています。

単なる甘党ではなく、カルドゲヘナの強さの源はハチミツと判明したシーンです。

スポンサーリンク

マッシュルのカルドゲヘナの魔法は?

マッシュルのカルドゲヘナは、愛刀の刃に黒炎をやどすことができる魔法です。

刃に触れただけで、相手が完全に燃え尽きるまで燃え続けるという魔法効果があります。

カルドゲヘナの愛刀は、ゲヘナ家に代々受け継がれてきたものだそうです。

スポンサーリンク

まとめ

「マッシュルのカルドゲヘナは何者で目的は?強さや魔法についても!」を最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は「マッシュルのカルドゲヘナ」についてをまとめてきました。

  • マッシュルのカルドゲヘナは、炎の神杖(フレイムケイン)の称号を得ている神覚者の一人と判明
  • マッシュルのカルドゲヘナは、マッシュに勝負を仕掛けて彼がもつ才能を見極めることが目的と判明。
  • マッシュルのカルドゲヘナの強さは、開眼とハチミツと判明。
  • マッシュルのカルドゲヘナは、刀の刃に黒炎をやどすことができる魔法と判明。

カルドゲヘナは魔法局で魔法使いの才能を見極めるという重大な任務を担当している神覚者です。

また、マカロン戦の前にマッシュに忠告しているところを見ると力強い協力者になると思います。

この先で、カルドゲヘナが神覚者としてマッシュたちに協力していくことに注目したいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました