ブルピンのリサのRockstarのサビの意味や和訳は?炎上理由はなぜ?

ブルピンのリサのRockstarのサビの意味や和訳は?炎上理由はなぜ? エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年6月28日にBLACKPINK(ブルピン)のメンバーのリサ(LiSA)が約3年ぶりにソロシングル曲の「Rockstar(ロックスター)」をリリースしました。

リサの個人事務所『LLOUD』設立から初のカムバックのため、リリースから4日目でMVの再生回数が6000万回以上を記録する注目ぶりです。

そんな「Rockstar」ですが歌詞に日本に関することが含まれており、ニュアンス的に「これは日本人を舐めている」と一部の日本人ファンの間で炎上しているようです。

リサの「Rockstar」ですが炎上の理由やサビの意味について詳しく知りたいファンもいるのではないでしょうか?

そこで今回はブルピンのリサについて以下のことを調査してみました。

  • ブルピンのリサのRockstarのサビの意味や和訳は?
  • ブルピンのリサのRockstarの炎上理由はなぜ?

ということを「ブルピンのリサのRockstarのサビの意味や和訳は?炎上理由はなぜ?」と題して記事を届けしていきます。

スポンサーリンク

ブルピンのリサのRockstarのサビの意味や和訳は?

ブルピンのリサのRockstarのサビには和訳で「リサ、日本語教えて。はい、はい。」という意味の歌詞が含まれています。

実際の歌詞はこちらになります。

“Lisa, can you teach me Japanese?” I said “Hai hai”

ブルピンのリサはタイ出身で、タイ語の他にも「英語・韓国語・日本語」を堪能に話せることで知られています。

ブルピンの日本語曲では流暢に日本語でラップを披露することもあるほどの日本語能力を持っています。

母国語以外の言語が扱えるのはとてもかっこいいですよね。

そして今回リサのソロ曲で、一部日本語を使ったことに対し一部のファンから批判的な声が集まっているようです。

スポンサーリンク

ブルピンのリサのRockstarの炎上理由はなぜ?

ブルピンのリサのRockstarの炎上理由は「歌詞に皮肉を使用したこと」「他国の言語ではなく『日本語』を選んだこと」の2つが原因だと考えられます。

リサは今回のRockstarで日本を批判したかったわけではないと思いますが、実際一部の日本人ファンからの反感を買ってしまったようです。

またSNSでの反応を見ると「反日問題」にも発展しそうな勢いで炎上しているようですね。

このままではリサの今後の活動も心配になりますね。

ここではブルピンのリサの2つの炎上理由について調査しまとめてみました。

スポンサーリンク

リサRockstar炎上理由①歌詞が皮肉?

ブルピンのリサはRockstarで人種問題を皮肉として歌詞に入れたことで炎上しているようです。

タイ出身のリサに対し「日本語を教えてくれない?」というフレーズが炎上の原因と考えられます。

これに対し「タイ出身のリサが海外で日本人に間違えられてしまうことに対しての皮肉」という捉え方ができます。

アーティストとしての表現の自由なので、これが理由で炎上するのはすこし可哀想な気もしますよね。

韓国のみならず世界的なアーティストとなったブルピンのリサの影響力の大きさにびっくりしますね。

スポンサーリンク

リサRockstar炎上理由②他国の言語ではなく『日本語』を選んだこと

ブルピンのリサはRockstarで韓国語や中国語ではなくあえて「日本語」を選んだことが原因で炎上しているようです。

上の投稿はリサのRockstarについてのXの投稿で多くの反応があったものになります。

この投稿を見ると「日本は舐められてるからリサは日本語を歌詞に使ったんだ」という捉え方ができます。

「アジアで1番人口の多い中国」「ブルピンの結成地の韓国」「リサの出身地のタイ」。

この3つの言語ではなく、歌詞に日本語を選んだ理由は分かりませんが、炎上しにくい「日本語」を選んだ可能性もあると一部のファンは考察しているようです。

しかし全体的なRockstarの歌詞の意味合いを見ると「日本=かっこいい」というような意味でも捉えられます。

なので日本を批判している、または舐めているような表現ではないことが予想できます。

リサは今回のRockstarの件をみると、炎上の可能性のある歌詞や表現を入れたのがあまりよくなかったのかもしれませんね。

リサに悪意があるとは考えにくいので、リサを一斉に叩くのはあまり良くないですね。

スポンサーリンク

ブルピンのリサのRockstarの作詞作曲は誰?

ブルピンのリサのRockstarの作詞作曲は「リサ, Ryan Tedder, Sam Homaee, Brittany Amaradio, Lucy Healey, James Essien」の6人が携わっています。

Rockstarにはリサ本人も作詞作曲に携わっています。

今回正式にリサ本人が自身の曲で作詞作曲するのは初めてなのだそう。

YGから独立後、リサの初めての音楽活動になっており、多くのファンも期待していたようですね!

スポンサーリンク

ブルピンのリサのRockstarのMVの評判は?

ブルピンのリサのRockstarのMVの評判は絶賛の声が多くみられました。

リサの個人レーベル「LLOUD」での初のソロ曲はリリース前のティーザー動画の時点で、ネットで多くの期待の声が寄せ集められていました。

リサの出身地であるタイのバンコクで撮影されてMVには、タイのストリートカルチャーも表現されており、個性的でかっこいいMVでしたね。

またMV撮影のためにタイの通りを3時間封鎖し、その通りのお店全てにタイでの1ヶ月分の給料に当たる2万バーツ(約9万円)を配ったのだそう。

リサの太っ腹すぎる部分にも驚かされますね。

ブルピンでもメインダンサーとして活躍していたリサの抜群のダンススキルにも目が離せません。

今後メディアなどでのパフォーマンス予定は未定ですが、いつかリサの生パフォーマンスも見てみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

最後まで「ブルピンのリサのRockstarのサビの意味や和訳は?炎上理由はなぜ?」をご覧いただきありがとうございます。

今回はブルピンのリサのRockstarについて調査してみました。

Rockstarの歌詞の部分で日本語を使用したことによって、リサは一部のファンから反感をかってしまったようです。

リサが悪意を持って日本語を使用した訳ではないので、この炎上は早くおさまってほしいところです。

これから公式からのコメント発表もあるかもしれないので、今後の事務所の動きに注目していきたいところです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました